四万十川源流点に一番近い農園、株式会社リグルは自然志向にこだわった野菜販売をしています。

新着情報

  • 2017.04.05NZシェフ・Hiromiのレシピ帳 シリーズ第2弾更新しました。
    今回も魅力的なレシピとなっております。ぜひお試しください。
  • 2017.03.22ニュージーランドで長らくシェフとして活躍してきたHiromiさんによる、リグルのためのオリジナルレシピの掲載を開始しました。
    野菜セットのお野菜を調理する際のご参考にどうぞ。
  • 2017.03.22季節の野菜小包 販売中です。
    創業1周年記念として文旦ジャムも一緒にお届け!
    価格は税込み¥3,000+送料(5kg以下を参照下さい)となります。
  • 2017.01.30ホームページを開設しました。

リグルの旬菜詰め合わせ

作物本来の旬を大切にしたリグルのお野菜セットです。
80サイズの箱いっぱいに詰め込んだ高知の大自然をご堪能ください。
価格は¥3,000税込・送料別です。(送料はよくある質問のページに記載してあります。)
お問い合わせフォームよりご注文ください。

ミニキャロット

リグルの大人気商品・ミニキャロットです。厳選した特殊な品種のため通常のニンジンに比べて甘みが強いのが特徴。
カレーやシチュー、野菜炒めなどに皮ごとザックリ切って使えますが、ぜひ一度何もかけずに野菜スティックとしてお召し上がりください。もちろんサラダにも相性抜群。
葉っぱも刻んでスープやサラダにご使用いただけます。

春菊

春菊

冬の定番・春菊です。
春菊=鍋料理と思っている方は多いと思いますが、お浸しにしてピーナッツ和えにしたり、サラダとして使ったり、実は色々なお料理に最適です。
リグルの春菊は、雑味のない鼻から抜けるようなさわやかな香りが特徴です。さっと湯通しして、お醤油と鰹節だけでお試しください。その素晴らしい香りをご堪能頂けると思います。

料理

ビンチョウマグロのたたきと新玉ねぎ・春菊・トマトのサラダ

☆ニュージーランドの熟練シェフ・Hiromiのレシピノート☆

1 春菊は50度の湯あらい(48~52度でのお湯にさっとはな
す)でぱりっとさせる。

2 新玉ねぎを薄くスライスして水にさらす。

3 トマトを半切り。

4 ビンチョウマグロは塩、胡椒、にんにくのおろしをまぶしてからフライパンで表面を焼く。好みの大きさにきる。

5 すべてを器に盛り付け、全体に塩、こしょう、オリーブオイルをかけてからバーニャカウダソースをスプーンでちらす。


バーニャカウダソース
 アンチョビー     30g
 ニンニク       2かけ
 オリーブオイル    30ml
 生クリーム(35%)  100cc

1 アンチョビーをあらみじん切りにする。

2 にんにく2かけをみじん切りにする。

3 オリーブオイル30mlをなべにいれ、1,2を極弱火でくつくつ煮る(こがさない様に)

4 アンチョビーがとろけてきて全体がきつね色になったら生クリーム100ccを加える。軽く煮てとろみがついたら火を止める

春菊とあさりの炊き込みご飯

☆ニュージーランドの熟練シェフ・Hiromiのレシピノート☆
材料
米2合
あさり 200グラム
春菊  8束
A 醤油 大匙2
  酒  小さじ2
  水  125cc

手順
1 お米は水で洗いざるにあげておく。

2 春菊はさっと塩茹でし、水におとしてから絞り、塩少々で軽く味付けしておく。炊き上がりに加える前にもう一度水気を絞る。

3 Aを煮立たせあさりをいれる。あさりの口が開いたらすぐに火を止め貝と汁をわける。貝の身を殻から取り出しておく。

4 お米を炊飯器にいれ、3の煮汁を釜に加えて2合の目盛まで水を加える。底に塩分がたまらないように混ぜる。
ご飯が蒸らしに入ったら、あさりを炊飯器の釜に入れてそのまま蒸らす。

5 炊き上がりに春菊をくわえ、全体をさっと混ぜる。

春菊とあさりの炊き込みご飯

ページ上部へ